リハ開始から約3ヶ月。今日は1時間しかピアノを弾けなかったけど、歓び

ピアノの実践において、約3ヶ月が経ちました。

習っていたときの手引き、チェルニー30番、コンコーネ50番を通じて実践を進めてきて、最近はそこに合唱曲のコーラスフェスティバルがかかりました。

チェルニーってコンコーネは指の実践、コーラスフェスティバルは譜読みの実践といった使い分けて来る。

わたしは小学生からハイスクールまでピアノとしていたのに、指が上手に使えずに量で苦戦、何度も音符を間違えては弾きなおし。

これだけ長く続けていたら譜読み器量も指使いも普通に鍛えられていたはずなのに。ちょっぴり上手に弾けないと機嫌が悪くなり、泣いてピアノの練習したくないとアッという間に諦めていました。

実践のほとんどが上手くできる片手弾きばかり。おまけに強弱を意識せずただ弾いて加わるだけの内容の薄い実践。

ピアノを習うといったやる気まで育つと言われていますが、わたしは反駁だった。

大人になって思うのはピアノが弾ける顧客は素敵。今からでもいいからピアノによって諦めない意識を培いたい。ピアノを好みで弾いてます!って堂々と呼び込めるようにしたい。

ですから、今日も弾きました。

夕刻の1時間しか実践時間が確保できなかったので、上昇は意識せず、チェルニー30番の中から苦手なものを3曲、コーラスフェスティバルにおける青葉の歌を気楽にやりました。

最初は、思っていた通り指が硬くて弾き辛い。取り違えばかりしてなるほどやはりと思ったんだけど、チェルニーを続けていると指のやり方のノウハウがわかったのか、音色が安定してきました。

気付いた案件、指を寝かせ過ぎていました。アラサー男が年甲斐もなく出会い系サイトをはじめて体験してわかったおすすめサイト